無料の寮の求人情報

工場で働くなら寮費無料のお仕事がおすすめ。未経験者や女性、中高年の方もOK。

寮費無料の求人情報~工場・製造業のお仕事

挿絵(無料のイメージ)

寮に入る場合に最も気になることの一つが寮費でしょう。せっかく寮に入って生活するのですから、生活費は出来るだけ抑えたいものです。そんな中で人気なのが寮費無料の求人です。

通常、実家住まいの人を除けば家賃やローン代などの住居に関わる費用が発生します。新たに引越しをして心機一転仕事を始めようとすれば、引っ越し代はもちろん、敷金や礼金などの頭金も必要になってくるでしょう。

毎月の家賃が無料の寮に入居すれば、こうした心配を払拭することが出来ます。寮費が無料の求人募集というのは決して多くはありませんが、寮付きのお仕事であれば全国どこからでも応募が可能なので探すのはそれほど難しくないはずです。

ここでは、工場・製造業を中心とした寮費無料の求人情報の他、メリットやデメリット、無料の寮の探し方などについて詳しく解説しています。

寮費無料と一般的な相場について

通常、寮費は東京都内の物件であっても1ヶ月数万円程度で利用することが出来ます。寮費の相場は、賃貸物件などの家賃と同様で都市部ほど高額になりますが、寮周辺の賃貸物件の1Rの相場に比べれば安い金額に設定されています。

寮費以外の負担について

寮生活においては寮費以外にも様々な諸経費が発生します。寮費同様に無料となるものもあれば自己負担とならざるを得ないものあります。ここでは寮費以外の費用についてまとめました。

敷金・礼金は不要

通常、マンションやアパートといった賃貸物件に入居する際には敷金・礼金を収める必要があります。敷金・礼金が家賃の2ヶ月分といった物件もあるので、初期負担額は相当な金額となってしまいます。寮費無料の案件であれば、敷金・礼金の支払いは不要です。これにより初期費用を大幅に削減することが出来ます。

水道・光熱費について

寮費が無料であっても光熱費代(水道・電気・ガス)まで無料(会社負担)になるとは限りません。

光熱費が全て無料のところもありますが、多くは一部負担もしくは全額負担です。1R(ワンルーム)・一人暮らしで全額負担の場合は、水道・電気・ガス代合わせて1ヶ月、5,000円~1万円程度かかるでしょう。

なお、寮では光熱費が給与から天引きされるケースがほとんどなので、自分で支払をする必要がないというメリットがあります。また、最近は光回線などのインターネット環境が整っている寮が大半です。インターネットの料金についても光熱費同様に会社に負担してもらえるところもあれば、自己負担のところもあります。

家具・家電について

寮費が無料・有料に関わらず多くの寮では生活に必要となる家具・家電は備え付きとなっています。新たに、家具・家電を購入する必要はないでしょう。

引越しにかかる費用は?

寮に家具や家電が備え付けであっても、生活に必要となる備品などは持っていく必要があるため、引越し作業は必要です。引越し代を会社に負担してもらえるかどうかはそれぞれの求人案件によりますが、 寮費無料の求人では引越し代が無料のところも多いようです。この他、赴任手当が支給されるところもあります。

食費について

ほとんどの寮において食費は自己負担となります。マンション借り上げ型でない社員寮タイプの寮では、寮内に食堂が備え付けのところもありますが、基本有料です。ただ、普通に外食するよりは安めの値段設定になっています。

どんな仕事が出来る?【仕事内容】

挿絵(工場)

寮付き・寮完備の求人は工場・製造業のお仕事の割合が高いのですが、さらに「寮費無料」となると仕事内容・職種の選択の幅は狭まります。

寮費を全て会社側が負担してもらえるような求人案件は大手企業のものがほとんどです。こうしたことから寮費無料の求人は、大手企業が運営する自動車工場や電子機器工場(および関連する部品工場)などの仕事が多い傾向にあります。

仕事内容は各工場によって様々ですが、車部品の仕分けや検品、梱包のような女性や中高年・シニアの方でもOKの簡単な作業もあります。

なお、こういったお仕事の場合、正社員やパート、アルバイトでの募集は少なく多くは派遣社員期間工(期間従業員)としての雇用となります。

寮付き・社宅完備・住宅手当ありの求人を検索

※以下のリンク先では、寮完備・寮付きの求人案件全般を掲載しています。
寮費や部屋の間取り、寮の空状況などについては各案件ごとにご確認ください。

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
四国・中国
九州・沖縄

寮完備の求人情報についてもっと詳しく

このページの先頭へ