日商簿記の正式名称について

このエントリーをはてなブックマークに追加

日商簿記検定の資格を持っている人は履歴書の資格欄に記入することになると思います。さて、履歴書には正式名称を書くように指導されたことがある人が多いと思いますが、日商簿記の正式名称は何でしょうか?

日商簿記の正式名称

正式名称は「日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験」です。「日本商工会議所簿記検定試験」を正式名称だと思っている人も多いようですが、こちらが正式になります。

実際に履歴書に書く場合は?

「履歴書の資格欄は正式名称を書きましょう」と、よく言われるのですが、必ず正式名称でなくてはいけないという訳ではありません。

日商簿記の場合は名称が非常に長いため、このまま書いてしまうと逆にわかりにくいという事態になりかねません。そもそも「日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験」という名称が正式であることを知らない面接官も多いでしょう。

日商簿記の場合は、「日商簿記検定試験」もしくは「日本商工会議所主催簿記検定試験」といった形で書いてしまって構いません。2級の場合であれば「日商簿記検定試験2級」ですね。

「簿記検定」はNG

但し、「簿記検定2級」といった書き方は絶対に辞めましょう。簿記検定には日商以外にも全商(全国商業高等学校協会)簿記検定もあるため、「簿記検定」のみだと、どちらの資格であるかが不明なためです。

資格・検定の正式名称

履歴書に関連する役立つ記事

記事の内容はいかがでしたか?よろしければ下記のボタンから共有してみて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ